テニスの試合で有効になりやすい戦術を考えてみよう【シングルス道場③】

シングルス道場

この記事ではテニスの試合においてどんな戦術が有効になるのか、何を意図してショットを選択すればよいかわからない、悩んでいるという方に向けて有効な戦術について解説していきます。

そもそもショットに意図を持たせるとは何か?ということを理解したい方はシングルス道場②の記事もご参考になさって下さい。

この記事でわかること

  • 相手に有効な戦術とは何か
  • 試合の中での戦術の選び方
  • どのプレイスタイルでも必ず必要となるとある戦術

ポイントを取るために必要な展開を考えてみましょう

戦術について考える前にもう少し大きな視点として、シングルスにおける基本的な試合の組み立て方を考えてみましょう、そこから実はおのずとやるべきことは見えてきます。
十人十色のプレイスタイルに合わせ、代表的な以下3パターンのプレイスタイルで考えてみます。

  • ボレーヤー
  • ストローカー
  • シコラー

それぞれのプレイスタイルに合わせて、ポイントの終わり方から逆算していく形で展開を図で表現してみます。

あれ?と思った方も多いと思います。

どんなプレイスタイルでも原点に立ち返ると・・・

ひとつ前のセクションで図を用いて説明しましたが、どんなプレイスタイルであれ、ポイントを取るための第一歩は

相手に苦手ショットを打たせる

これだとおじさんは思っています。なぜか?もう少し詳しく解説します。

シングルスでポイントを取るためには自分の形で試合を進める必要があるからです。
ボレーヤーはベースラインにくぎ付けにされるとしんどいですし、シコラーがボレーを強いられるとしんどいですよね。
逆にボレーヤーがガンガンネットに詰めるチャンスがある展開、シコラーがベースラインで相手の弱点にボールを集めることができている展開というのは非常に居心地がいいはずです。

しかし、当然相手も同じことを考えているので、相手は相手の展開に持ち込もうとしてきます。

そういった展開で先に主導権を取れるのはどっちか?もうわかりますよね。

先に相手に苦手ショットを打たせることができた方

苦手ショットは他のショットに比べてショットの威力やコントロールなどが劣ります。つまり、甘い返球になりやすいということです。甘い返球をもらえればひとつ前のセクションで示した通り、自分の形に持ち込むことができますよね。

ちなみにですが、テニスのレベルが上がれば上がるほど、甘い返球をもらえる場面がどんどん限定的になっていき、その確率もどんどん低くなってきます。(1:低い→4:高い)

  1. バックハンドを打たせると甘い返球がもらえる
  2. 相手を動かしたうえでバックハンドを打たせると甘い返球がもらえる
  3. 相手のバランスを崩した状態でバックハンドを打たせると甘い返球がもらえる
  4. 相手のバランスを崩した状態でかつ打点の低いバックハンドを打たせると甘い返球がもらえる

相手に苦手なショットを打たせましょう

ここまでのセクションでポイントを取るためには相手に苦手なショットを打たせることが必要であることを説明してきました。

ということで早速相手に打たせましょう!単刀直入に言ってしまいます!

相手のバックハンドを狙いましょう

相手のことを事前に観察する時間があってバックハンド以外を狙うイメージがあったり、明らかにフォアハンドを苦手にしている場合は別ですが、最初にまずバックハンドを狙うという戦術は安パイ中の安パイです。

おじさんの体感ですが、男子の場合は95%くらい、女子の場合でも60~70%はフォアよりもバックハンドを不得意にしています。利き手と逆で打たなければいけないので当然といえば当然ですよね。
もし仮に少数派の相手を引いたとしても試合の中で振り返りをして、作戦を変更すればよいだけで特に狙う場所を意識しないで試合を進めるよりも100倍ましです。

さらに余裕のある方は単にバックハンドを狙うだけでなく、バックハンドの高い打点を狙ってみましょう。バックハンドの高い打点はバックハイボレーと並んで最も力の入りづらいショットです。これができれば相手から甘い返球がもらえる確率はぐっと上がります。

まとめ

シングルス道場③のまとめはこんな感じです。

  • どんなプレイスタイルでも入り口は同じ
  • 主導権を握るためには相手に苦手なショットを打たせることが必要
  • 苦手なショットはバックハンドである確率が高い

また、シングルス道場①~③まで見ていただいた方は

  • 簡単なミスは避ける
  • ショットに意味を持たせ、試合の中で振り返る
  • 相手に苦手なショットを打たせる

シングルスの基本のきといってもよい上記3点を理解できたと思います。これらは技術ではなく単純な知識なので、知っているだけで力になります
上記3つを理解している自分と理解していない自分が100回試合をすると90回以上理解している自分が勝ちます。それくらい大きな差です。これらの記事を読まれた方は、ぜひ実践してみてください。今まで競っていた相手にあっさり勝てたり、負けていた相手にもスコアが良化したり、勝てたりするはずです。

本日の稽古はここまでにします、ありがとうございました。

次回以降のシングルス道場はシングルス道場の①~③の内容を理解している者同士が試合をした際に、差をつけるためにすべきことは何か、ということにフォーカスし、少しずつ戦術を高度化していくイメージで記事を書いていこうと思います。

コメント

  1. […] シングルス道場③試合の中で軸となるショットを考えてみよう […]

タイトルとURLをコピーしました